歯を失ってもよく咬める食事がしたい~インプラント~

歯を失ったときの治療法として、近年注目を集めているのがインプラント。入れ歯やブリッジといった従来からある補綴(ほてつ)治療に加え、比較的新しく登場した治療法です。独立して1本からの施術が可能で、自分の歯のように咬める感覚がよみがえります。

インプラント治療とは?

インプラント治療とは、比較的新しい補綴(ほてつ)治療のひとつで、アゴの骨に直接、生体親和性の高いチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み結合させた後、人工歯根の上に天然歯と同程度の美しさを持つ人工歯を装着します。手術が必要であり保険が適用されないために治療費は高額になりますが、しっかり咬める力を取り戻せ、自然な見た目が手に入る、メリットの大きい治療法です。

当院では、インプラント治療を希望されない方に強くおすすめするようなことはありません。あくまでその方の口腔内環境やご要望、ご予算に合った方法をご提案します。他の補綴(ほてつ)治療と比較して、ご自身に合った方法を一緒に見つけていきましょう。

インプラントと他の治療との違い

  インプラント 入れ歯(保険適用の場合) ブリッジ
 

インプラント

歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療。

入れ歯(保険適用の場合)

1本~すべての歯まで、失った歯の本数に合わせてつくった義歯を、バネを使うなどして装着する治療。

ブリッジ

横並びに1~数本の歯を失った場合に、両脇に残った歯を削って支えにして、連なった人工歯を被せる治療。

メリット
  • 見た目が自然で美しい
  • 違和感がない
  • 硬い物でもしっかり咬める
  • 周囲の歯を傷つけたり、負担をかけたりしない
  • 金属アレルギーの心配がほとんどない
  • 治療期間が短い
  • 治療費が安く済む
  • 見た目が自然
  • 違和感が少ない
  • 使用する素材によっては、保険が適用される
デメリット
  • 治療費が高い
  • 外科手術が必要になる
  • 全身疾患がある場合や顎の骨の量が少ない場合などは、治療を受けられないケースがある
  • 見た目がよくないことがある
  • しっかり咬むことができないことがある
  • 違和感があることがある
  • バネを使った入れ歯の場合、隣の歯に負担がかかる
  • 手入れをする必要がある
  • 使っているうちに合わなくなることがある
  • 両脇の歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯に大きな負担がかかり、将来的にその歯を失ってしまうことがある

インプラント治療を安全性の高いものにするために

当院では、患者さんに安心して治療を受けていただけるよう、次のような取組みを行っています。

CT撮影・3D画像による診断

安全・安心のインプラント治療のためには、正確な診断が重要です。そのためには、最新機器を活用した精密検査を行うことが必要です。当院では、CTを導入して精度の高い診断を行っています。CTを用いれば、撮影したデジタル画像を、専用の診断ソフトで3D画像にして立体的に解析できます。歯やアゴの骨の形状だけでなく、骨の密度や周囲に張り巡らされた血管、神経の位置まで正確に把握できるのが大きなメリットです。また、インプラント手術が最良の選択肢であるかどうかも、ここでじっくりと検討できます。

サージカルガイド

インプラント埋入時には、アゴの骨にドリルで穴をあけます。その際に、周辺組織を傷つけることのないよう、サージカルガイドを作製。患者さんごとに、3Dデータからドリルの着地点と角度を正確にシミュレーションして、安全性の高いドリリングにつなげています。

当院のインプラント治療

当院では通常のインプラント治療に加え、インプラント技術を活用した特殊な治療法にも対応しています。

インプラントオーバーデンチャー

総入れ歯の方におすすめの方法。片アゴにつき最少4本のインプラントを埋入し、それを入れ歯の支えとします。通常のインプラントよりも小さいインプラント(ミニインプラント)を使用するため、歯ぐきの切開の必要がありません。痛みや出血が少なく、身体への負担も小さい治療法です。

ショートインプラント

長さが8mm以下の短いインプラントです。「上顎洞」という空洞までの上アゴの骨の厚みが少ないときに使用します。下アゴの場合では、血管や神経を傷つける心配が少なくなります。

ソケットリフト

上アゴの骨が少ないときに、骨補填剤を挿入して厚みを確保する方法です。上顎洞の底を専用器具で押上げ、そこにインプラントを埋入できるだけの骨をつくります。通常、4~5ヶ月で骨補填材が骨に変わります。

GBR法

ソケットリフト同様、骨を再生する方法です。顎の骨幅が足りない部分に「メンブレン」という特殊な膜を入れて骨よりも再生スピードが早い歯肉の侵入を阻止してスペースを確保し、人工の骨補てん剤や自家骨を詰めて骨の再生を促します。