身体の不調は咬み合わせが原因かも!?

咬み合わせは、片側で咬んだり姿勢が悪いまま咬んだりといったちょっとしたきっかけでバランスを崩してしまうことがあります。知らず知らずのうちに継続していると、全身の歪みにすら影響してしまいます。ひいては、骨格や筋肉にも悪影響を及ぼし、身体の不調を招いてしまうことも。以下では、乱れた咬み合わせが原因となるトラブルを見ていきましょう。

咬み合わせの乱れが引き起こすトラブル

お口の中のトラブル

しっかり咬めないことで唾液の分泌が少なくなり、殺菌効果が低くなってしまいます。また、歯並びが悪いとブラッシングが行き届かなくなり、口腔内の衛生状態が悪くなります。そのため、虫歯や歯周病などの原因菌が増殖。お口の病気を招くことになるのです。

骨格や筋肉のトラブル

咬み合わせがズレていると、身体の左右のバランスに歪みが出ることがあります。そうすると、筋肉が圧迫され血行不良となり、頭痛や腰痛を引き起こすことがあります。また、顎関節への負担が大きくなり、口を大きく開けられなくなったり、アゴから音がしたりする顎関節症になることもあるため注意が必要です。

メンタルのトラブル

「たかが咬み合わせ」と思ってはいけません。咬み合わせの偏りから歯並びが乱れ、見た目や発音が悪くなり、それがコンプレックスになってしまう方は少なくありません。

歯ぎしり・食いしばり、無意識にしていませんか?

咬み合わせが悪くなる原因のひとつに、歯ぎしり・食いしばりがあることをご存知ですか? 特に就寝中にギリギリと音をさせる歯ぎしりは、本人がしようと思ってやっていることではないだけに、解決するのが難しい問題です。

歯ぎしりや食いしばりは、歯にかかる負担が大きく、歯が削れたり割れたりすることがあります。また、虫歯や歯周病が進行する原因になることもあります。集中しているときにふと食いしばりが強いなと感じる、歯ぎしりを家族から指摘された、といった方はお気軽にご相談ください。

当院の咬み合わせ治療

補綴(ほてつ)治療

咬み合わせが悪くなっている原因が歯の高低差になる場合、補綴(ほてつ)治療によって調整します。詰め物・被せ物、ブリッジや歯科用レジンなどを用います。

部分矯正・小矯正

部分的に矯正治療を行うことで改善を目指します。なお、小矯正では多くとも2本に限定した治療を行います。

スプリント療法

就寝中にマウスピースを装着し、歯ぎしりでかかる力を分散します。睡眠中に歯やアゴにかかる負担を低減できます。

運動療法

アゴや首などの周辺筋肉をほぐし、緊張をとる治療を行います(顎関節症の場合によく行います)。緊張状態からリラックスしたより適切な状態にすることで、無意識に力んでしまうことを予防します。

咬合誘導

乳歯から永久歯へ生え変わる時期に、効果が期待できる方法です。成長に合わせてアゴを拡大し、咬み合わせや歯並びを整えます。抜歯することなく、咬み合わせを改善することができます。

咬み合わせと一口にいっても、原因や改善のアプローチ方法はさまざまです。患者さんによって症状が異なりますので、正しく診断しながら治療を進めることが重要です。咬み合わせの乱れはもちろん、「アゴが痛い」「アゴからカクカクと音がする」といった顎関節症の代表的な症状がある場合も、まずは当院へご相談ください。快適な生活が送れるよう、患者さんに合わせた治療法で改善へと導きます。