あなたに合った入れ歯づくりをお手伝い~入れ歯~

あなたに合った入れ歯づくりをお手伝い

歯を失ってしまった場合の治療法としてもっとも一般的なのが、入れ歯です。手術が必要なインプラントや、両隣の歯への負担が大きいブリッジと比較しても、身体への負担が少なく安全な治療法だといえます。また、保険が適用され安価なこと、短期間で歯の機能が回復できることも大きなメリットです。

当院では、入れ歯が合わなくなってお困りの方や、インプラント治療ができないといわれた方へ、最適な入れ歯をご提供しています。入れ歯には保険が適用できるもの、自費でつくるものがありますが、保険・自費を問わず患者さんが納得して使える、お口にぴったり合ったものをおつくりします。入れ歯のことでお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。

保険と自費の入れ歯の違い

自費でつくる入れ歯は、保険適用の入れ歯に比べて高額にはなりますが、さまざまな利点があるため多くの患者さんによく選ばれています。

  保険適用の入れ歯 自費でつくる入れ歯
メリット
  • 安価
  • 比較的早くでき上がる
  • 修理が簡単にできる
  • 素材を豊富な種類の中から選択可能
  • しっかり咬める
  • じっくりと自分に合ったものを追求できる
  • 機能性が高い
  • 見た目が自然
デメリット
  • 素材がレジンに限られる
  • 壊れやすい
  • 見た目に入れ歯とわかりやすい
  • お口に慣れるまで違和感がある
  • 咬む力が弱い
  • 高額
  • 作製に時間がかかる
  • 修理が難しい素材もある

当院の取り扱い入れ歯

レジン床義歯

レジン床義歯 図

[保険]

保険適用の入れ歯です。レジンの性質から、お口の粘膜に当たる床の部分が厚くなってしまうため、食べ物の温度や味を感じにくいことがあります。壊れやすいですが、修理は比較的簡単にできます。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー 図

[自費]

金属バネのない部分入れ歯です。特殊な樹脂を使用し、「薄い」「軽い」「弾力性が高い」を実現しています。装着感も見た目も自然で、金属アレルギーの心配もありません。

金属床義歯

金属床義歯 図

自費

床が金属でできた入れ歯です。薄くつくることができるため熱伝導率が高く、食べ物の温度が伝わりやすくなっています。丈夫で、硬い物でもしっかり咬めることも大きなメリットです。ただし、金属アレルギーのある方にはあまりおすすめできません。

BPS義歯

BPS義歯 図

(自費)

当院で取り扱っている入れ歯のうち、特におすすめしたいのが、BPS義歯です。これまでの入れ歯製作が歯科技工士の腕によるところが大きかったのに対し、BPS義歯は綿密にシステム化された工程によってつくられた入れ歯です。一定の品質を確保しながら、患者さんのお口に合った入れ歯となります。

【BPS義歯が優れているわけ】

BPS義歯を作製するときには、咬み合わせやお口の中の形状はもちろんのこと、アゴや筋肉の動き、咬み合わせの位置、力加減など細部に渡ってデータを取ります。また、発音や表情筋にも配慮。その人だけに合わせてカスタマイズされた、高品質な入れ歯が実現するのです。

お口の中の状態が日々刻々と変化しているのに対し、入れ歯は人工物ですから変化しません。そのため、合わなくなってくることもあります。入れ歯はつくって終わりではなく、その後もずっと必要に応じて調整しながら使っていくことが大切です。当院では、調整のために定期的な通院をおすすめしています。入れ歯の調整だけでなく、口腔内の衛生管理も含めた処置を行っていますので、ぜひご活用ください。
                  また当院院長はBPS義歯の認定医です。何でもお気軽にご質問ください。