歯が痛い、しみるといった症状でお悩みの方へ~一般歯科~

一生懸命、毎日お口のケアをしているのに虫歯ができてしまう人がいる一方で、一度も虫歯になったことがないという人もいます。日本人の約9割がかかったことがあるといわれている虫歯。その原因や仕組み、あなたはちゃんと知っていますか?

虫歯の原因とメカニズム

虫歯はミュータンス菌をはじめとした細菌による、お口の感染症。細菌の多くはプラーク(歯垢)に棲みつき、食べかすに含まれる糖分を栄養にして酸を出し、その酸によって歯が溶かされます。これが、虫歯です。プラークは「バイオフィルム」と呼ばれる細菌の膜で守られ、毎日のブラッシングでなかなか落とすことができません。

虫歯になる仕組みと対策

虫歯菌

虫歯菌

虫歯菌は、生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には存在しません。ご家族など身近な人から感染するのです。子どもの頃から虫歯菌を寄せ付けないよう、周囲の大人が気を遣ってあげましょう。

虫歯菌のエサになる糖分

虫歯菌のエサになる糖分

甘い物を食べすぎたり、だらだらと食べ続けていたりすると、お口の中に糖分が残ります。食事後のブラッシングで糖分をきちんと落とすことが大切です。

虫歯菌の活動

虫歯菌の活動

食後30分くらいから虫歯菌が活発に活動し始めるとされています。ブラッシングまでの時間もきちんと考えましょう。

虫歯は原因がはっきりしている病気のため、きちんとした対処ができれば虫歯を予防できます。当院では、虫歯にならないための予防に力を入れています。虫歯にならない理想的な口腔内環境を維持するため、悪いところがなくても、いつでもご相談ください。

予防歯科についてくわしくはこちら

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法

C0
【ごく初期の虫歯】

C0 【ごく初期の虫歯】

歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。

C1
【エナメル質の虫歯】

C1 【エナメル質の虫歯】

エナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たい物がしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。

C2
【象牙質の虫歯】

C2 【象牙質の虫歯】

エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たい物や甘い物がしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。

C3
【神経まで達した虫歯】

C3 【神経まで達した虫歯】

神経まで虫歯が進行した状態。熱い物がしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。

C4
【歯根まで達した虫歯】

C4 【歯根まで達した虫歯】

歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。
抜歯後、入れ歯インプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

自分の歯を残すための大切な治療~根管治療~

虫歯が神経まで達すると、歯の根の内部、つまり根管内をきれいにする処置「根管治療」が必要となります。根管治療では、歯の内部の汚染された歯質、神経、血管などを取り除きます。そして、内部をきれいに洗浄・消毒し、薬剤を緊密に詰めます。最後に、歯の土台となる芯(コア)を入れ、被せ物(クラウン)を取り付けて完了です。

※下記の画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。

神経が冒された場合、抜歯が必要になるケースもありますが、抜歯は口腔内環境の将来に悪影響を与えかねません。神経を抜いてでもご自身の歯を残す手段が根管治療なのです。

歯がしみる症状は知覚過敏かもしれません

虫歯ではないのに歯がしみるといった症状があるなら、それは「知覚過敏」の疑いがあります。エナメル質が薄くなることで、神経に近い内側の象牙質が露出することになり、「しみる」といった症状があらわれるのです。そのほか、知覚過敏は、歯ぐきが痩せ、歯の根元が露出することによっても起こります。

知覚過敏の原因

知覚過敏は物理的に歯の表面が削れることにより起こるため、余計な力が歯に加わっていることが考えられます。その力には、次のようにさまざまなものが考えられます。

強い・長時間のブラッシング

丁寧なブラッシングは虫歯予防のために大切なことですが、強すぎたり長すぎたりすると、歯を傷めることになります。

歯ブラシの毛が硬い

硬い毛は歯を傷める原因になることがあります。歯ブラシを選ぶときは硬さを重視せず、“しっかり汚れを落とせる”歯ブラシを選びましょう。

強い歯ぎしり・咬みしめのクセ

強い歯ぎしりや咬みしめのクセがあると、歯を傷つけることになります。ひどい場合は、歯が欠けたり、割れたりすることも。

酸の強い飲食物

歯は「酸」に弱いため、レモンなどの食べ物によって溶かされることがあります。通常は、唾液によって中和され修復されますが、摂りすぎると溶ける可能性も高まります。

ホワイトニング

ホワイトニングは歯を白くできる方法として人気ですが、何度も繰り返すと歯質によっては知覚過敏を引き起こすことがあります。

歯周病

歯周病になると、歯ぐきが下がります。歯の根元にはエナメル質がなく、内部の象牙質が露出しているため、刺激が伝わりやすくなるのです。

知覚過敏の症状は、治療によって改善できますので、我慢せずお早めにご相談ください。

治療後も歯医者に通いましょう

虫歯は、再発しやすい病気です。治療で歯を削った後の詰め物や被せ物のすき間から虫歯になる可能性もあります(2次カリエス)。そのため、治療後は定期的なメインテナンスを行うことが大切です。当院では、治療後も予防歯科での定期検診のための通院をおすすめしていますので、積極的にご利用ください。

乳歯を虫歯から守ることが、お口の将来を守ります~小児歯科~

生後半年くらいから生え始める乳歯は、生え始めたときから虫歯になるリスクを抱えています。特に生え始めの歯はやわらかく、虫歯が進行しやすいので注意が必要。また、乳歯の虫歯は将来の口腔内環境の健康を左右し、歯並びや咬み合わせ、心身の健康にも影響を与えることがあります。「永久歯に生え変わるから乳歯の虫歯は放っておいても大丈夫」と考えず、お子さんが将来、歯のことで苦労することのないよう、小さい頃から虫歯予防に努めましょう。

家族内で虫歯を感染させないために

虫歯の原因である虫歯菌は、生まれたての赤ちゃんのお口の中にはいません。ではどこからくるのかというと、実はご家族など身近な人から。赤ちゃんのお世話をするお母さん・お父さんらによるキスやスプーンの共有などによって、虫歯菌がうつってしまうのです。しかし、生活していくうえで完全に感染を防ぐことは困難なのも事実。そのため、親御さんをはじめご家族のみなさんも虫歯菌を減らす予防に努めることが大切です。

当院の小児歯科メニュー

当院では、お子さんの治療の際の親御さんの同席は、状況によって判断してします。治療がスムーズに進められるような方法をご提案させていただきますので、ご協力をお願いいたします。

ブラッシング指導

歯の生え方や生え変わりなど、お口の状況やお子さんの成長に合わせて正しいブラッシングの仕方をご指導します。また、小学校低学年くらいまで必要な、親御さんの仕上げみがきについても、ポイントをお教えします。

シーラント

奥歯は複雑な溝があるため、食べかすが溜まりやすいうえに歯ブラシが届きにくく、虫歯になりやすい歯です。シーラントは、その溝をあらかじめ塞ぐ処置。虫歯予防として効果的です。

フッ素塗布

歯質を強化する働きのあるフッ素を歯の表面に塗ることで、虫歯になりにくくします。ごく初期の虫歯であれば、削る治療をすることなくフッ素塗布で治癒することがあります。

本来生えてくるはずの本数よりも多く生えてくる歯を過剰歯といいます。周囲の歯並びに悪影響を与えることが多いため、ほとんどのケースで抜歯が必要となります。

矯正

歯を正しい位置に導く治療法です。矯正は大人になってからでもできますが、お子さんの場合、アゴの成長に合わせて効果的な矯正治療が期待できます(6~14歳くらいがよりよいとされています)。

床矯正

成長を利用してアゴを拡げることで、歯がきちんと並ぶスペースを確保する矯正方法です。取り外しができる装置を使用するため、お口のケアもきちんとでき、虫歯のリスクが少ない矯正ができます。

【歯並びを乱しやすいこどものクセ】

お子さんの何気ないクセが、その後の歯並びや咬み合わせに悪影響を及ぼしていることがあります。次のようなクセがあれば、やめさせるように気をつけましょう。

ほおづえ・・・・・・・・・・・・・頭の重さの負担がアゴへ直接かかってしまいます。

指しゃぶり・・・・・・・・・・・・前歯などに力が加わって歯並びが乱れることがあります。

片側でばかり咬む・・・・・アゴの成長のバランスが崩れ、咬み合わせが乱れる原因となります。

よく咬まずに飲み込む・・アゴの成長を阻害します。

うつぶせ寝・・・・・・・・・・・顔やアゴの骨の歪みにつながります。

妊娠中の方に気をつけていただきたいこと

妊娠中は、ホルモンの増加や歯みがきのしづらさから、お口の健康が崩れやすくなります。そうなると心配なのが、妊娠性歯周炎。妊娠性歯周炎は歯周病に似た症状を引き起こし、早産や低体重児出産を招く可能性があるため注意が必要です。治療のいらない口腔内を維持するためにも、定期的に検診を受けましょう。なお、妊娠中の通院は緊急の場合をのぞき、安定期に入ってからがよいでしょう。

つわりで今までのようなケアができない方へ

つわりでブラッシングができない、歯みがき粉の味や匂いが苦手になった、少しずつしか食事ができず毎回歯みがきするのは無理……。こういった場合も、いろんな工夫でお口の中を清浄に保ちましょう。ブラッシングは歯みがき粉なしでも大丈夫です。食事でお口の中に残った汚れは、こまめに落としましょう。また、食後にお口をすすいだり、殺菌効果のあるカテキンを含む緑茶を飲んだり、キシリトール入りのガムを咬んだりするなどの方法もおすすめです。