歯周病が歯を失う原因第一位だということ、ご存知ですか?~歯周病治療~

歯は、虫歯や事故などによって失われることもありますが、日本人が歯を失う原因の第一位は実は「歯周病」ということをご存知ですか?

歯周病とは、歯周組織が静かに破壊されていく恐ろしい病気。歯ぐきの炎症に始まり、ひどくなるとアゴの骨が溶かされ、最終的に歯が抜け落ちてしまのです。また、ある程度進行するまではほとんど痛みなどの自覚症状がないことも特徴です。

日本人の成人の約8割が罹患しているもしくはその予備軍といわれている「歯周病」。あなたも歯周病予備軍かもしれません。次のセルフチェックリストにひとつでも当てはまるものがあるなら、お早めにご相談ください。

【こんな症状はありませんか? 歯周病チェックリスト】

歯周病が身体に及ぼす影響

近年の研究では、歯周病を引き起こす歯周病菌が血流に乗って各器官に運ばれることで、命にかかわるような重篤な疾患を招いたり、悪化させたりすることがわかってきています。

心疾患・脳血管障害

歯周病菌は血管内部で血栓をつくりやすいため、心筋梗塞、狭心症、脳卒中の原因となっていることが指摘されています。

糖尿病

歯周病菌は免疫力に影響するため、歯周病と糖尿病には相互に関連があります。いずれかに罹患している方には、もう一方への疾患の発症に注意が呼びかけられています。

肺炎

お口の中から気管へと歯周病菌が入り込むと、肺で炎症を起こし、肺炎となります。高齢者の誤嚥性肺炎の原因になることが多くあります。

妊婦さんは特にご注意ください

妊娠中はホルモンバランスの変化などから、歯周病を引き起こしやすくなります。また、歯周病菌が陣痛に似た子宮の収縮を引き起こしやすいため、早産や低体重児出産といったお腹の赤ちゃんへも悪影響を及ぼす可能性があります。妊娠中はできるだけお口の中を衛生的に保つよう気をつけましょう。

歯周病の検査方法

歯周ポケット検査 「プローブ」というものさし状の器具を用いて、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)の深さを調べます。深ければ深いほど、歯周病が進行しています。
歯の揺度検査 ピンセット状の器具で歯をつまんで動かし、グラつき度合いを調べます。グラつきが大きいほど、歯周病が進行しています。
レントゲン検査 顎の骨の状態をレントゲン撮影にて調べます。骨密度が低いほど、歯周病が進行しています。

歯周病の治療法

スケーリング

スケーリング

比較的軽度な症状の歯周病に対して行います。「スケーラー」という器具を使って普段の歯みがきでは取り除けない、歯に付着したプラークや歯石を除去します。

ルートプレーニング

ルートプレーニング

スケーリングで除去しきれなかった、歯周ポケット奥深くにこびり付いたプラークや歯石を「キュレット」という器具を用いて除去します。同時に、スケーリング後のザラついた歯面をなめらかに仕上げることで、汚れの再付着を防ぎます。

歯周ポケット掻爬(そうは)術

歯周ポケット掻爬(そうは)術

軽度~中等度の歯周炎に対して行う外科的処置です。局所麻酔を行って歯周ポケット内のプラークや歯石、膿、感染した組織を除去します。

フラップ手術

フラップ手術

中等度以上の進行した歯周炎に対して行う外科的処置です。局所麻酔をした後に歯ぐきを切開して顎の骨からはがし、露出した歯根に付着しているプラークや歯石を除去します。また、感染した組織も取り除きます。

歯周病は重度になるまで、自覚症状がほとんどありません。つまり、痛みや違和感が出てきたときには、かなり進んでいることが多いのです。

早めの検査と治療で、歯周病で歯を失うリスクは抑えられます。当院では歯周病予防にも力を入れておりますので、お口に何らかの異変を感じたら、お早めにご相談ください。

からだに優しく痛みの少ないレーザー治療

レーザー治療器

レーザー治療は、特殊なレーザー光線を使用して組織の蒸散や切開、殺菌、止血、組織の活性化を行う治療です。
レーザー治療は歯周病治療のみならず、チップと呼ばれる機械の先端の器具を入れ替えることで、様々な治療に対応することができます。
レーザーを使用することで痛みの少ない効果的な治療を受けることができるのです。

■ メリット
  • 痛みがほとんどなく麻酔の必要性が少なくなる
  • 不快な「キィーン」といった機械音や削るときの振動がない
  • 安全性が高い
上記が大きなメリットです。
■ デメリット
レーザー治療をうけるためには高性能のレーザー装置を使用しなくてはなりません。そのため歯科医院によって異なりますが、自費診療の医院では費用の問題があげられます。
当院では基本的に保険診療の適応範囲でやらせていただきますので、ご予算や治療費に関しては当院まで直接ご相談ください。

良くある質問

本当に痛くないですか?

感じ方に個人差はありますが、ほとんどの患者様が「痛くなかった」とおっしゃっております。

安全ですか?

当院で使用しているレーザーは生体組織の表面にある水分に作用します。
そのためレーザーを歯や歯肉にあてても副作用等はございませんし、傷が残ってしまうこともありません。
むしろ治療が促進されるので当院でも推奨しています。

レーザー治療に関するご質問等あればお気軽に当院までご連絡ください。